東3病棟…精神療養病棟(60床)

東3病棟

充実した療養生活を送る中で患者さまが望む生活のあり方を目指す

精神症状が安定している患者さまが長期に入院している病棟です。ADLの維持や社会復帰をめざし、作業療法や、集団精神療法、リハビリテーションを行っています。主治医や看護師らで患者さまと面談を繰り返し、充実した日常生活が送れるように個別に配慮した治療とケアを行っています。また、多職種と連携しながらカンファレンスやケア会議を通して、日常生活の援助、退院への支援を積極的に行っています。私たちは、患者さまが自ら治療や生活のあり方を自己決定できるような関わりを大切にしています。

治療・看護

  • 作業療法士と協力し、作業療法、リハビリテーションプログラムを実施しています。
  • 臨床心理士と共に「きぼうの会」(週1回)、患者の会「なでしこの会」(月1回)など、集団精神療法的アプローチを用いて患者さまの話し合いの場づくりをしています。
  • 多職種が集い(週2回)患者さまのケアの方向性をカンファレンスにて検討しています。
  • 退院支援会議(月1回)を他職種と共に開催し、具体的な退院支援計画の立案と見直しをしています。