南2病棟…精神科救急入院料病棟(52床))

南3病棟

「早く治したい…」前向きな意欲を短期治療につなげて

こころが危機的状況にある患者さまを対象として、短期に集中して治療や看護を提供する病棟です。入院期間を3ヶ月として、限られた期間で治療を進めていきます。

「精神科急性期の専門性に特化したチーム医療の確立に努め、患者様・家族の思いに即した柔軟な看護を実践する」というスローガンの下、固定式チームナーシングを取り入れ、受け持ち看護師が中心となり個別性を重視した看護を展開しています。

治療・看護

  • 医師・看護師・コメディカルスタッフを交えたカンファレンスを活性化させ、患者さま個々の回復段階に合わせたサービスの提供をしています。
  • ご家族に対してねぎらいながら寄り添った看護を提供しています。
  • 医療チームの連携機能を強化して、スムーズな入院対応と早期の地域移行をしています。
  • 患者さまへ効果的な看護を提供するために、外部研修や学会など精神科救急に関する知識や技術を磨き、自己研鑽に努めています。